徳島で変形性膝関節症でお悩みの方へ

あなたは膝のこんな症状にお悩みではないですか?

  • 膝の曲げ伸ばし、両方あるいはどちらかが痛い
  • 歩いていると、膝が痛くなる
  • 病院で「変形性膝関節症」と診断された
  • 病院や整骨院で教えてもらった運動やストレッチをしているが、改善しない
  • 階段が辛い
  • 膝に水が溜まっていると言われた

上記にひとつでもあてはまる方は最後までお読みください。

そもそも変形性膝関節症って何?

膝になんらかの負担がかかり続けたことで、膝の軟骨がすり減り、骨や関節の形が変わって、痛みが出る状態のことをいいます。
炎症が強い方は膝に水が溜まったりしてきて、じっとしていても痛かったり、痛みがさらに強くなります。
そのままにしておくと、立ち座りだけではなく、歩くのも大変になってきます。

一般的な治療院の変形性膝関節症の改善方法は

病院(リハビリ)や整骨院では、膝に電気をあてたり、筋肉のトレーニングをしたり、関節を動かせるように訓練したり、膝周辺のマッサージをしたり、テーピングをしたりするのが、一般的な治療です。
病院ではヒアルロン酸の注射をしたり、水が溜まっている方は注射で抜いたりもします。

でも原因は膝にないのかも?

膝に負担がかかっている状態、ましてや痛みがある状態での筋肉トレーニングは逆効果だと考えています。
膝に電気をあてたり、マッサージしたり、訓練をしたりといった、膝だけに焦点をあてる治療も「う~ん…それだけでホントに良くなるの?」と思っています。良くなっていればそれでいいのですが。

実はあなたの膝が悪いのは膝だけの問題ではないのです!

年齢?体重?色々な要素が重なりあっているのは事実ですが、なかむら整骨院で痛かった膝が良くなった方は年齢も体重も変わらないまま良くなっています。

では、なかむら整骨院はどのように変形性膝関節症を改善するのか?

脚の出発点である、骨盤の歪みを整え、膝周辺を調整していくことで解決する方がほとんどです。
この時に、痛みがとれた状態の時に、筋肉のトレーニングをしていけば、再発予防に繋がります。

痛みがある→筋肉トレーニング→歪みが増強→また痛くなる  × 悪循環

痛みがある→歪みを整える→筋肉トレーニング ○

何事も順番が大切です。

軟骨がすり減っていて、骨の形が変わっていても痛みはとれますよ!

なかむら整骨院で膝の痛みが改善した方の感想文

膝が痛くて自転車に乗れなかったWさん

私の祖母は、膝・腰痛持ちで腰も曲がっており、さらに腰を圧迫骨折してからは足をひきずるようにして歩いていました。自転車に跨ることすらできませんでした。
中村先生に施術をして頂くようになり、徐々に曲がっていた腰が伸び、足をひきづることもなくなり動作が早くなり、今では再び自転車に乗れるようになりました。
高齢なので仕方ないと諦め半分でしたが、まさかここまで良くなるとは!と驚いています。
祖母本人はもちろん、家族も喜んでいます。見た目も以前より若く見え、何年も前の祖母を見ているようです。
初めて自転車に乗れた時の嬉しそうなはじけるような祖母の笑顔が忘れられません。本当にありがとうございます。

(お孫さん 代筆)

お客様の顔
こんなにたくさんの喜びの声をいただいております。

変形性ひざ関節症に悩むの方へ

同じひざの痛み(変形性膝関節症)であっても、お一人お一人症状や経緯が違います。

もしあなたが…

  • 長い間、他のところで治療しているが良くならない
  • 注射はしたくない
  • 歩けなくなる前になんとかしたい
  • 一人で悩んで困っている

など、お悩みでしたら、是非なかむら整骨院にお電話ください!お力になります!

院長写真

お気軽にお問い合わせください
完全予約制 088-678-6367
受付時間:8:00~12:00 15:00~19:00
日曜、祝日、水曜・土曜の午後は休

ご予約・お問い合わせはこちらから >>

  • あなたの変形性膝関節症を1回で改善することはできませんが、続けて頂くことで必ず改善していきます。
  • 常に正直に、誠実にあなたと向き合います。
  • 当院を利用されている方はみなさんいい人ばかりです。安心してご通院頂けます。