徳島で逆流性食道炎にお悩みの方へ

逆流性食道炎のこんな症状にお悩みではないですか?

  • 病院で逆流性食道炎と診断を受け、ずっと薬を飲み続けている
  • 日常生活で食事に気をつけたりして、自分で出来ることは行っているがまだ不安がある
  • このまま治らなかったらどうしよう?と不安に思う時がある
  • 再発を繰り返していて、他によくなるものはないか探している
  • 薬に頼らず、もっと快適な毎日を送りたい

上記にひとつでもあてはまる方はこの後もお読みください。

逆流性食道炎が整体で…?

そもそも逆流性食道炎が整体でアプローチ出来ることってあるの?
と思われたかもしれません。

そこで、もう一度簡単に逆流性食道炎のおさらいをしてみましょう。

逆流性食道炎とは胃から食道へ胃酸が逆流し、食道に炎症が起きる病気です。
食道と胃の間にある蓋(括約筋と横隔膜の圧)がなんらかの原因でゆるくなってしまったり、外れてしまったりして、逆流性食道炎を引き起こします。

そうなると、人によってまちまちですが、胸やけ(違和感、チリチリ感、灼熱感など)、呑酸(どんさん・酸っぱいものがあがってくる)、お腹の張り、ゲップが多く出る、吐き気、嘔吐、のどの違和感(イガイガなど)、咳、背中の痛みなどが出現し、思うように食べられなかったり、夜にきちんと眠れなかったり、気分が優れなかったりして仕事や毎日の生活に支障が出てきます。

なかむら整骨院では不眠症によって引き起こされる問題、
例えば、全然、疲れがとれなかったり、
日中眠くて仕事や家事に集中できなかったり、
首や肩などが痛かったり、
薬に頼っていたりすることの問題を解決していきます。

逆流性食道炎になる原因としては、

1.食生活によるもの

暴飲暴食(本人さんは当たり前と思っていて気付いてないことも…。)
タンパク質の多い食事(消化に時間がかかり負担が多くなる)
脂肪分の多い食事(胃酸を増やし、蓋をゆるませるホルモンが分泌を高める)
アルコール、コーヒー、緑茶の取り過ぎ
喫煙

2.胃の内圧の上昇によるもの

ベルトや下着でお腹を締め付け過ぎ
前かがみの姿勢(普段の姿勢、腰の悪い方の姿勢など)
高齢者の前かがみの姿勢
肥満
重いものを持ち上げる繰り返しの作業
妊娠

3.ストレスによるもの

過度なストレス(これも本人さんが気付いていない場合があります)

などが挙げられます。

ではどうやって、なかむら整骨院では
逆流性食道炎にアプローチをしていくのでしょうか?

アプローチのポイント!

1.逆流性食道炎のツボにアプローチ!

逆流性食道炎には体にある、一種のツボが関係していることを突き止めました。
しかも逆流性食道炎の方はある処がとてもカチカチになっています。
そこにアプローチします。(もちろん痛くありません)

2.ストレスにアプローチ!

逆流性食道炎になる方はストレスがかかっていることがとても多いです。
ストレスは自己治癒力を妨げ、脳の電気信号の乱れも引き起こします。
検査により、何があなたのストレスになっているのかを判断しお伝えしながら、電気信号の乱れを取り除いていきます。
ストレスの改善にはまず気付くことから!
何がストレスになっているのかを分かっていない方も多いのです。

 

3.姿勢や生活習慣にアプローチ!

姿勢は自分でもなかなか気付きにくいもの。生活習慣も同じだと考えています。
ましてや体がいびつな状態であれば尚更、いい姿勢や生活習慣がとれにくいのです。
全体の体のいびつさを整えていきながら、姿勢や生活習慣のアドバイスを行います。
プロの視点からあなたの体を整え、よくしていくためにお伝えしなければならないことはきちんとお伝えしていきます。

最後に…

想像してみてください。

もしあなたが逆流性食道炎から解放されたらどんな気持ちになりますか?

もしあなたが逆流性食道炎ではなくなったらどんなことがしたいですか?

なかむら整骨院では、今あなたに想像してもらったような状態に近づけるサポートが出来ます。
逆流性食道炎でお悩みでしたら、是非なかむら整骨院にお越しください。
お電話お待ちしています!

  • あなたの逆流性食道炎を1回で改善することはできませんが、続けて頂くことで必ず改善していきます。
  • 常に正直に、誠実にあなたと向き合います。
  • 当院を利用されている方はみなさんいい人ばかりです。安心してご通院頂けます。
院長写真

お気軽にお問い合わせください
完全予約制 088-678-6367
受付時間:8:00~12:00 15:00~19:00
日曜、祝日、水曜・土曜の午後は休

ご予約・お問い合わせはこちらから >>